Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND 路100終刊号
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
読みたい本は山のよう 書きたいことは海のよう
スズメの涙の人生も あとはせいぜいスルメの涙
どうかな?

ケータイに送信するときれいにいくんだけどやっぱ無理があるかね。このケータイも最新式じゃないし。縮小機能があったのでやってみました。
それにしても路会員のメール少ないね。なにゆえに…

| - | 08:32 | comments(1) | trackbacks(0) |
今年も咲きました

神津では乱獲で少なくなっているえびねらんです。いいにおいがしてます。
実家から譲り受けて十数年、途中蕾のまま枯れたときがあってショックだった!水やりを怠ったからです。ちゃんとかわいがってやるとけっこう丈夫でどんどん増えます。でも株分けが苦手。かつて実家にはえびね小屋があって貴重な白やさまざまなえびねが二十鉢くらいはあったかなあ。当時えびねで金もうけしてた人もいた。白とか貴重な色は高値がついた。何も知らない頃はそこらへんに咲くありふれた花だったのに…


| - | 13:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
なつかしい!
皆さん元気そうでなによりです。会いたかったなあ…
この不景気で体が楽してます。次男は大学の近くに引っ越して四人家族に。
小林はわずかながらの年金を今年からもらいはじめてうわぁ仕上げの老年期になるんだなあと感じてきたこのごろ。
漫画家になりたかった長男は本屋でアルバイト。障害者施設で働く長女は一人旅行を楽しんでいっこうに嫁に行く気配はない。現在25才!いっそあんたに養ってもらおうかと脅してる。
皆さんの近況も聞きたいです。 じょん。
| - | 20:02 | comments(1) | trackbacks(0) |
2009年の春 喫茶ルノアール








 4月5日(日)、関内のルノアールに集まったのは 杉井、阿久沢、池田、井上、草野、斉藤、竹花、深谷、真壁、山口の10名。二次会の飲み会には、小田原の真壁さんが先に帰られて、残りの9名が参加。さらに6名がカラオケに・・・60歳を前後に若い集団は健在です。山口


| - | 08:12 | comments(1) | trackbacks(0) |
101〜のために
 路の会onWeb設置した翌日にはgoogleで1ページ目3番目に出てきました。TOPは朝丘雪路onWeb(笑^0^)類似名サイトは44万ほどで、路の会でググルとTOPには西尾幹二の路の会なんかが出てくるのはともかくw1,2頁には見当たらず類似名サイトは2億5千万とあり、とうてい探し当てられません。
※記事の投稿方法
 PCでは画面左下の方の「管理者ページ」をクリックしてアカウント・パスワードを入力して入ります。入って左側にメニューがあり、記事の投稿を選べば新規投稿頁になるので、なんか書いて、記事を投稿するをクリック。
 左上の方の「ブログを確認する」でビューして、気に入らないところが見つかれば訂正や変更して、投稿してください。操作メニューいろいろありますが、慣れない方は弄らず、追々のことに。
※モブログ(携帯での投稿)
 閲覧からは、コメントが投稿できます(アカもパスもいらず)。
 記事を掲載するのは、先にお知らせした投稿用メルアドにメールを送信するのが楽チンで、件名がタイトルになって本文が掲載されます。この方法はPCからのメールでも同じです(路おくり人YY様はその方法で掲載)
| - | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
路おくり人 YY様
路100号ありがとうございました。
 映画「おくりびと」の主演男優はミスキャストだと思いますが、YYさんの場合は真にハマリ役だったと思います。
 シンクロニシティというか、アカデミー賞受賞に先立つ立春の日にJohn坊チャンから「いしぶみ」が送られてきていました。もちろん彼女流のシニフィアンで「うんこ我慢石」となっていましたが。
 好き嫌いは別にして、「いしぶみ」という風雅なシニフィアンよりも後者の方が言葉としてリアルで実感がある。
 本木雅弘は素晴らしい俳優で、結婚相手を選んだのも母親目当てではないかと感じられるほど根源的な「俳優・役者」だと思っているくらいファンなんですが。
 きりりとした美貌、見映え過ぎる際立った存在感、気の鋭さ、オーラが出てるetc
その総てが納棺夫としては邪魔になる。典型的な縁の下の力持ちである納棺夫は、目立たないDirtyOldMan でなくては。かっこいい「いしぶみ」よりも即事的な「うんこ我慢石」(このDirtyは、ダーティハリー的な派手目なものでなく、くすんだor燻し色のイメージです)
 ま、逆にいえばその見映えがハリウッド映画界に(も)ウケた要因なんでしょうけど。実際に映画を見たら、また違う印象になるかもしれません。
                        はるおまつみ
| - | 04:31 | comments(4) | trackbacks(0) |